コンピューター

Virtualboxで仮想マシンが32bitしか選択できない!64Bitを選択する方法は?

投稿日:2019年11月12日 更新日:

Windows10のPCにOracle VM VirtualboxをインストールしてRedHat Linuxの64bitをインストールしようとしました。

ところが仮想マシンのバージョンを選択する画面で選択肢に64bitが出てこずに32bitしか選択できませんでした。

そこで原因と解決方法を調べてみました。

 

 

64bitの仮想マシンを選択できるようにする方法

64bitの仮想マシンが選択できなかったのは、

「BIOSの設定で無効になっている」

ことが原因のようです。

というわけでBIOSを起動して仮想化機能を有効にします。

今回使用しているPCは

AMD Ryzen 3700X
MSI X570マザー

の組み合わせです。

設定方法は、まずPCを再起動し、BIOS画面を起動します。

まずPCを再起動し、Delボタンを連打します。

BIOSの画面が起動したら「OC」から「CPU Feautures」を選択します。

「SVM Mode」を「Disabled」から「Enabled」に変更します。
設定が終わったら、保存と再起動を行います。

再起動後、再度Virtualboxを起動します。

64bitが選択できるようになっています。

 

 

64bitの仮想マシンが選択できない

一応、BIOS設定前にVirtualboxをインストールした時の状況です。

Oracle VM Virtualboxのインストール

とういわけでまずはVirtualboxをインストールします。
まず、プログラムをダウンロードします。
こちらのサイトからWindows Installerをクリックします。


ダウンロードしたVirtualBox-〇〇〇-Win.exeを実行します。


特にインストール項目を変更する必要がなければ「Next」をクリックして
インストールを進めます。

最後に「Finish」をクリックしてインストールを終了します。

64bitの仮想マシンが選択できない

ここまでは特に問題はなかったんですが、いざVirtualboxを起動して
「新規」をクリックしOSのタイプをLinux、バージョンを64bitに
しようとしたら、バージョンの中に64bitの選択肢がありません。

ということで、原因を調べてみるとBIOSの設定だということがわかり今回の対応になりました。


 

まとめ

以前自作した「Intel Corei7 8700K」と「ASUS Z390マザー」の組み合わせでは、特にこの設定をBIOSの設定を変更した記憶はありませんでした。

それでも問題なく仮想化機能を使用できていたので、仮想化がBIOSで無効になっているのは予想していませんでした。

ということでCPUやマザーボードによって設定が変わったりするもんだなと思いました。

とにかく原因がわかって一安心です。

-コンピューター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows7をインストールした日の情報を調べてみた。

前回、windows 10にアップグレードしようと思ったパソコンについて、「そういえばいつから使用しているのかな」と思い調べてみました。調べるにはスタート>すべてのプログラム>アクセサリ& …

液晶ディスプレイと無線Lan子機を追加で購入

新しくPCを自作するということで、古いパソコンは処分するつもりでしたが子供が処分するなら欲しいと言ってきたのであげることにしました。 ただキーボードやマウスは余っているんですが、液晶ディスプレイが自分 …

no image

Ryzen7のノートPC【HP ENVY x360 13】が届いたのでベンチマークなど

使用していたノートPCの調子がおかしいということで、新しくHP製のノートPC「HP ENVY x360 13」を注文していました。 それが届いたということで、さっそく性能や使い勝手のチェックを行ってい …

ウイルス対策ソフト

そろそろウイルス対策ソフトの更新日が近づいてきました。現在使用しているのが「ノートン インターネット セキュリティ」画像のとおり 13日の残り日数となっています。このまま延長してもよかったんですが、一 …

保護されたブラウザが開きました。ESET

ブラウザが別画面で起動 ESETをインストールして数日たちますが、ブラウザでネットを見ているときに 「ESETは、オンラインバンキングWebサイトやWebベースの暗号ウォレットの使用中に個人データをサ …