コンピューター

Windows7からWindows10へアップグレード

投稿日:

現在、仕事用3台とリビングでのネット用に1台のパソコンを持っていますが
その中で1台だけ、まだWindows 7のままになっています。

理由は単純で「Windows10 に対応していないソフトを使用していた」から。

しかし、Windows7のサポート期限が2020年1月14日に終了します

Windows7のサポート期限終了後はセキュリティ更新や、ウイルス対策ソフトもサポート対象外になります。
さすがにサポート期限終了後にWindows7を使い続けることはできません。

ということで、Windows10へアップグレードします。

Windows7のWindows10への無償アップグレードは終わってもうできない?」と思っていたのですが、現在も
無料でアップデートすることが可能です。
無料アップグレードのサポートが終了したのは、、Windows Updateでのアップデートの提供期限です。
ただし更新可能なのは、使用しているPCが「認証済みPCである」ということです

では、実際にアップグレードする方法についてですが
まず使用中のPCでWindows10 が使用できるか確認します。
公式ホームページで確認し確認することができます。
Windows 10 コンピュータの仕様とシステム要件を見つける方法

次にディスク容量の確認
空きディスク容量は、Windows10をインストールするためには、最低でも10GB必要になります。


その他
・データのバックアップ
インストール時に、影響があるかもしれないため、
・アンチウイルスソフトのアンインストール
・その他、バックグラウンドで動いているソフトの停止
・外付けHDDやプリンタなど周辺機器の取り外し
等を行います。

準備ができたら、Windows 10 のダウンロードを行います。


ツールを今すぐダウンロードをクリックしてツールをダウンロードします。
ダウンロードしたツールをダブルクリックします。

「同意する」をクリックします。



「このPCを今すぐアップグレードする」「別のPCのインストールメディアを作成する」が選択できます。
「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して「次へ」をクリックします。


USBまたはISOを選択します。
どちらでも構いませんが、ISOを選択した場合には、DVDが必要になるため、USBを選択しました。

選択後「次へ」をクリックします。

あとはUSBにダウンロードした「Setup.exe」を実行すればWindows10 にアップグレードされます。

 

-コンピューター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

標準CPUクーラーのRyzen7-3700Xが熱すぎるので簡易水冷に変更!

自作PCが熱い! Ryzen7 3700Xの自作PCを去年11月に組んだんですが、これから冬になるということもあり、何も考えずに付属のCPUクーラーを使用していました。 春ころまでは、特に気にせず使っ …

自作PCが完成しました

最初のパーツ選びから大分たちましたが、やっと完成しました。完成品はこんな感じです。 目次1 組み立てについて2 インストール3 今日はここまでで終了します 組み立てについて 組み立てについては特に問題 …

ESETインストールできました!できなかった原因は?

前回の記事の続きです 目次1 ESETサポートセンターからメール2 原因はセキュリティセンターのリセットをしていなかった3 インストールできました ESETサポートセンターからメール ESET サポー …

自作PCのパーツを選ぶ3

今回は、PCケースと電源を選びます。PCケースについては種類が多いので売れ筋から選ぼうと思います。 PCケース 条件は、大体5000円前後のATX対応ミドルタワーです。Amazonや価格.comの売れ …

データ全消失?HPEのサーバー向けSAS SSDで復旧も不可!

タイトルについてTwitterでトレンドになっているので何なんだろうと 調べてみたら、これとんでもないね! 目次1 記事2 稼働時間が・・・3 まとめ 記事 Hewlett Packard Enter …