コンピューター

Windows7からWindows10へアップグレード

投稿日:

現在、仕事用3台とリビングでのネット用に1台のパソコンを持っていますが
その中で1台だけ、まだWindows 7のままになっています。

理由は単純で「Windows10 に対応していないソフトを使用していた」から。

しかし、Windows7のサポート期限が2020年1月14日に終了します

Windows7のサポート期限終了後はセキュリティ更新や、ウイルス対策ソフトもサポート対象外になります。
さすがにサポート期限終了後にWindows7を使い続けることはできません。

ということで、Windows10へアップグレードします。

Windows7のWindows10への無償アップグレードは終わってもうできない?」と思っていたのですが、現在も
無料でアップデートすることが可能です。
無料アップグレードのサポートが終了したのは、、Windows Updateでのアップデートの提供期限です。
ただし更新可能なのは、使用しているPCが「認証済みPCである」ということです

では、実際にアップグレードする方法についてですが
まず使用中のPCでWindows10 が使用できるか確認します。
公式ホームページで確認し確認することができます。
Windows 10 コンピュータの仕様とシステム要件を見つける方法

次にディスク容量の確認
空きディスク容量は、Windows10をインストールするためには、最低でも10GB必要になります。


その他
・データのバックアップ
インストール時に、影響があるかもしれないため、
・アンチウイルスソフトのアンインストール
・その他、バックグラウンドで動いているソフトの停止
・外付けHDDやプリンタなど周辺機器の取り外し
等を行います。

準備ができたら、Windows 10 のダウンロードを行います。


ツールを今すぐダウンロードをクリックしてツールをダウンロードします。
ダウンロードしたツールをダブルクリックします。

「同意する」をクリックします。



「このPCを今すぐアップグレードする」「別のPCのインストールメディアを作成する」が選択できます。
「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して「次へ」をクリックします。


USBまたはISOを選択します。
どちらでも構いませんが、ISOを選択した場合には、DVDが必要になるため、USBを選択しました。

選択後「次へ」をクリックします。

あとはUSBにダウンロードした「Setup.exe」を実行すればWindows10 にアップグレードされます。

 

-コンピューター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VirtualboxにRedHat7.3を入れてみる

前回、Virtualboxで64bitのOSが選択できないという現象を解決したので、さっそくRedhat Linux7.3をインストールしたいとおもいます。 目次1 前置き2 設定2.1 仮想マシンの …

Virtualboxで仮想マシンが32bitしか選択できない!64Bitを選択する方法は?

Windows10のPCにOracle VM VirtualboxをインストールしてRedHat Linuxの64bitをインストールしようとしました。 ところが仮想マシンのバージョンを選択する画面で …

ウイルス対策ソフト

そろそろウイルス対策ソフトの更新日が近づいてきました。現在使用しているのが「ノートン インターネット セキュリティ」画像のとおり 13日の残り日数となっています。このまま延長してもよかったんですが、一 …

保護されたブラウザが開きました。ESET

ブラウザが別画面で起動 ESETをインストールして数日たちますが、ブラウザでネットを見ているときに 「ESETは、オンラインバンキングWebサイトやWebベースの暗号ウォレットの使用中に個人データをサ …

MySQLが突然つながらなくなった

目次1 MySQLに接続できない2 MySQL5.7.4からパスワードの有効期限が設定された3 解決方法 MySQLに接続できない 久しぶりに、PHPとMySQで作っているサイトの更新依頼がありました …