コンピューター

VirtualboxにRedHat7.3を入れてみる

投稿日:

前回、Virtualboxで64bitのOSが選択できないという現象を
解決したので、さっそくRedhat Linux7.3をインストール
したいとおもいます。

前置き

以前は、Redhatは開発環境においても無償で提供されて
いなかったので、サーバ環境を構築するのにCentOSを使用して
いたのですが、現在は、登録さえすれば開発環境での使用は
無償で利用することができます。

RedhatとCentOSは、ほとんど同じものなんですが、ネットが
繋がっていなくて、Yumが使用できない場合困っていました。
一応、CentOS用のRPMファイルで開発環境は確認できるのですが
RedHat用のRPMファイルは、当然CentOS用と違うので、
同一のバージョンがRedhat用に公開されていないなど
インストールがちょっと面倒なところがありました。

設定

まずはインストールを実行するための設定を行います。

仮想マシンの新規追加

1.Virtualboxwo起動します。

2.「新規(N)」をクリックします。

3.仮想マシンの名前、保存場所、OSの種類とバージョンを選択し「次へ」

4.仮想マシンで使用するメモリのサイズを指定して「次へ」

5.「仮想ハードディスクを作成する」を選んで「作成」

6.「VDI」を選んで「次へ」

7.「可変サイズ」を選んで「次へ」

8.仮想ハードディスクのサイズを選んで「作成」

以上で仮想マシンの新規追加ができました。

インストール

設定が完了したらOSをインストールしていきます。
「起動」をクリックします。

初回は、起動ディスクを聞いてくるので、ダウンロードしたISOファイルを
指定して「起動」をクリックします。

インストール画面が起動します。

日本語を選択し「続行」

「ソフトウェアの選択」をクリックします。

必要なソフトウェアを選択します。
今回はGUIを利用するのでソフトウェアを選択後「サーバー(GUI使用)」
を選択して「完了」をクリックします。

 

インストール先など、特に変更がなければ「インストール」を
クリックします。

インストール中の画面が表示されます。

ここで、インストールご必ず聞かれるので、ここでrootのパスワードと
ユーザの作成を行います。

インストール完了後に「再起動」をクリックしたいんですが、
VitualboxやVMwareplayerでは、全画面が表示されずにボタンを
クリックすることができません。
ただし、画面をアクティブな状態にしてEnterを押せば問題なく
再起動は行われます。

再起動後、まずライセンスに同意します。
LICENCE INFORMATIONをクリックします

「ライセンス契約に同意します」をチェックし「完了」をクリックします。
必要に応じて、ネットワークのとsubscriptionの設定を行います。

設定完了後ログイン画面は表示されます。

作成したユーザまたはrootでログインし、初期設定を行います。

最後に「Red Hat Enterprise Serverを使い始める」をクリックすれば
インストールは完了です。

-コンピューター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

PHPからGmailのSMTP経由でメール送信できない

目次1 PHPからGmailをSMTP経由で送信できない2 安全性の低いアプリの許可が無効3 安全性の低いアプリの許可を有効にする PHPからGmailをSMTP経由で送信できない PHPからGmai …

マカフィー リブセーフが4年版で安い

マカフィーリブセーフが安くなってます 先月、ESETを買って自宅のPCにすべてインストールしました。ESETを買うときに、価格を比較して3年5台分で8,000円(税抜き)   マカフィーは3 …

自作PCを作ろうと思います

約1年ぶりに自作PCを作ろうと思います。 目次1 メインで使用しているPC2 今回の自作PCについて(予定)2.1   メインで使用しているPC 現在、メインで使用しているPCの構成です。去年のちょう …

no image

Zoom (ズーム) を使ったオンライン飲み会の方法は?無料では人数や時間制限がある?

最近「Zoom(ズーム)」などのWeb会議・ビデオ会議に利用できるミーティングツールを使用してのオンライン飲み会が流行っています。   その「Zoom(ズーム)」についてですが、無料で使用する場合、人 …

自作PCのパーツを選ぶ2

今回は、メモリとSSD、グラボまでを選んでいきたいと思います。 目次1 メモリ2 SSD3 グラフィックボード メモリ 今後のことを考えるとDDR4-3600MHzくらいを選んでおきたいと思います。実 …