コンピューター

Excelのマクロ(VBA)で時間のかかる作業を短時間で1

投稿日:

このセルの値を複数のExcelファイルの同じセルに入れたい
複数のExcelファイルの同じセルの情報だけを一つのExcelにまとめたい
など、よく依頼されます。

特に1つセルの情報を複数のExcelファイルに入れたいといった場合、
どういうことなのかと思って聞いてみると、
定型の書式を作って、それぞれに入力作業を行った後になって、
この部分にこれを入れるのを忘れていた
作業後に、この部分に追記して欲しいと言われた
などの事情でお願いしますとのこと。

しかも、修正する数が5000ファイル以上ということで、
こちらに依頼する前にも同じようなのがあったらしいのですが
その時は、手作業で10日くらいかけて修正したそうで、
はっきり言って時間の無駄だと思いました。

一つのExcelファイルで処理を行う場合は、
Excel自体の関数を使ったほうが早い場合も多々ありますが、
さすがに大量のファイルを開いて、同じ処理を繰り返すとなると
VBAで書いたほうがはるかに簡単だし短時間で処理を
することもできます。

では今回の作業について詳細に内容を確認してみると、同じ書式のセルの値をとってくるだけではありませんでした。
前提条件として

・ファイルの数が大量で、しかも数100ファイルごとに保存フォルダが違う。
・書式自体は10種類あり、それぞれシート名も違う。
・書式によって取得するセルが違う。
 例えば
 シートAの場合は、A1とB10とD20
 シートBの場合は、A1とB12とC15
 この値を集計するシートの2、3、4列目にそれぞれ入れる。
・集計するシートの1列目には、取得元のファイル名を入れる。

実際の作業

Excelファイルの保存場所とファイル名を取得

これについては、VBAで作業してもできますが、面倒なので
コマンドプロンプトから、取得します。
Excelファイルの保存先が「C:\test」だった場合、以下のコマンドを実行すると

ファイル名.txtが作成され、その中にファイル名一覧が入っています。

ここで取得したファイル名を、集計するエクセルのシートに貼り付けます。

VBAの準備

それでは、実際にVBAで処理を書いていこうと思いますが
その前に準備が必要です。
まずExcelファイルの上部にあるメニューから「ファイル」をクリックします。

左の一番下の「オプション」をクリックします。

「リボンのユーザ設定」から「開発」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

これで、VBAを使用する準備ができました。

次回は、実際に作業を行っていきます。

 

-コンピューター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自作PCのパーツを選ぶ3

今回は、PCケースと電源を選びます。PCケースについては種類が多いので売れ筋から選ぼうと思います。 PCケース 条件は、大体5000円前後のATX対応ミドルタワーです。Amazonや価格.comの売れ …

Windows10はHomeとProのどちらを選ぶ?違いは?

WindowsにはHomeとProの二種類あります。通常、量販店などで売られているパソコンには、たいていHomeが入っていると思います。これらの違いとは何なんでしょう?いまさら何でこんなことを言ってい …

PHPからGmailのSMTP経由でメール送信できない

目次1 PHPからGmailをSMTP経由で送信できない2 安全性の低いアプリの許可が無効3 安全性の低いアプリの許可を有効にする PHPからGmailをSMTP経由で送信できない PHPからGmai …

新PCのRyzen3700Xと旧PCのCori7 8700Kをベンチマークで比較

Ryzen3700XのPCとメインで使っていたCorei7 8700Kをベンチマークソフトで比較してみました。 旧メインPCCPU :Intel Cori7 8700Kグラボ:NVIDIA GeFor …

no image

【HP ENVY x360 13】で「Fn」キーが通常でONになっているので設定を変更

HP ENVY x360 13を買ってから、しばらく使っていたのですが、一つ気になったところがあります。 今まで使ってきたノートPCだと、普通「Fn」キーは、押してながら「Fn」に対応するキーを押すと …

こんにちは、やきやきです。

このブログは、日々の出来事や、気になったニュースなどの情報をお届けします。