コンピューター

RedHat Linuxについて

投稿日:

現在、システムを導入する際に大体7割くらい「RedHat Linux」サーバを使用する感じになっています。

数年前までは、ライセンスの問題からテスト環境では、「RedHat Linux」の代替として「CentOS」を使用してきました。

機能的には、ほぼ同じOSなのでプログラムを動かす上では問題ないのですが、問題になるのが、追加ライブラリが必要な場合です。

よくネットでは「”yumコマンド”でインストールすればできますよ」的なことが記載されていますが、実際に使用する環境では、ローカルで使用するシステムなので外部ネットワークに繋がっていないことなど当たり前で「yumコマンド」でネットから直接インストールなどできません。

よって「rpmファイル」をダウンロードしてインストールすることになりますが、開発環境のCentOSと実際のRedhatでは、そのファイル自体が違うためダウンロードする「rpmファイル」も当然違います。
そのため、バージョンの確認や互換性などの問題がありました。

そういうことで、数年前までは結構苦労していたんですが、現在は、無償で開発目的のサブスクリプションが入手できるようになったので「CentOS」を使用することなく「RedHat Linux」を直接使用してテスト環境を構築することができるようになっています。

本番環境と同じものが使用できるため、「rpmファイルも同じものが使用できます。
これでかなり環境を構築することが楽になりました。

上にも書いたのですが、よくネットでは「”yumコマンド”でインストールすればできますよ」的なことが記載されています。
いつも思うのですが、ネットで書かれてる情報は、自分のできる環境でしか書かれていないことが多いので、その環境に合った人には有用ですが、違う環境の人には、使えないことが多々あります。

個人のサイトやブログ等は、仕方ないと思いますが、公式的なサイトについては、いろんな環境があるということを考えてほしいと思います。

-コンピューター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウイルス対策ソフト

そろそろウイルス対策ソフトの更新日が近づいてきました。現在使用しているのが「ノートン インターネット セキュリティ」画像のとおり 13日の残り日数となっています。このまま延長してもよかったんですが、一 …

自作PCのパーツを選ぶ2

今回は、メモリとSSD、グラボまでを選んでいきたいと思います。 目次1 メモリ2 SSD3 グラフィックボード メモリ 今後のことを考えるとDDR4-3600MHzくらいを選んでおきたいと思います。実 …

さくらのレンタルサーバは本当に怖い?

Twitterのトレンドに「さくらのレンタルサーバー」が入っていたので何なのかみてみると、確かに本当ならすごく怖いですね。 さくらのレンタルサーバーといえば、安くて安心というイメージを持っていたんです …

Excelのマクロ(VBA)で時間のかかる作業を短時間で1

「このセルの値を複数のExcelファイルの同じセルに入れたい」「複数のExcelファイルの同じセルの情報だけを一つのExcelにまとめたい」など、よく依頼されます。特に1つセルの情報を複数のExcel …

Virtualboxをインストールしたら仮想マシンが32bitしか選択できなかった

Windows10のPCにOracle VM VirtualboxをインストールしてRedHat Linuxの64bitをインストールしようとしたんですが仮想マシンのバージョンを選択する画面で選択肢に …

こんにちは、やきやきです。

1人で会社を起業して今年で9年目。
20数年SEやってます。